スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです。

もしかしたらもう一年近くになるでしょうか。ご無沙汰していて本当にすみませんでした。足跡を見たら、定期的に来てくださっていた方々がいらっしゃって、胸が熱くなりました。


なかなか更新ができなかった言い訳をするのも野暮というものなのですが、これからもこういう風にぱたりと音信不通になってしまうことがないとは言えないので、少しだけ弁解をさせてください。m(___)m
お知らせやこれからのことも含めて、続きにぽちぽちと書きます。

長い話です。とても気のめいるような話です。でも、これが今の私の精一杯です。



















わたしは大学でかなりの劣等生で、常に留年するかもしれないという瀬戸際にいます。正直、今学んでいる学問はわたしにとっては難しく、そして、その先にある資格や職業は、生半可な知識や心構えで臨んではいけないものです。人の命を預かる職業になってくるからです。以前の私は、まだまだ子供で(今でも幼い精神ではありますが)、辛い勉強や状況から逃げ、それよりもずっと楽な趣味に走っていた節が大いにありました。実際、私は今学んでいる学科よりも、ずっと、こうして自分の頭の中に広がるお話に思いをはせ、それを形にしていくことが何よりも楽しく、大好きで幸せなのです。

大学に入り、色々と自分を見失ってきました。それまで、考えることを後回しにし、とにかくこの学部に入れるようにとひたすら勉強しかしてこなかったことで、身につかなかった人並みの感情や気配りや思いやりや愛情といった、人間としては何よりも大事なものが、私には決定的に欠落していました。そのことで、他人の思いもまったく汲み取れず、誤解を重ね、すれ違いを重ね、実の両親とでさえ、分かり合うことはできませんでした。相手はわたしを一生懸命理解しようとしてくれていたのに、私が相手をまったく理解できなかったのです。私は心が貧しかったのです。

実際、高校までは、私の心が貧しかろうが、正直勉強さえできればよく、少しの不便はあれど、まったく私にとっては不都合はありませんでした。けれど、大学に入り、今までまったく顧みなかった精神性の貧しさ、人間としての欠落部分が、私を苦しめることになりました。どのように生きていけばいいかわからなくなったのです。それに、自分自身も、どういう人間で、どういう性格で、どういう風なものの考え方をしていいのか、わからなくなってしまいました。普通は思春期に通過する、自己形成を、私は後回しにしてしまったようで、反抗期は人並みに来ていたのですが、それを完結させ、自分を成立させるところまでいかないままに、大人と呼ばれる年齢に来てしまっていたのです。

勉強のために我慢していた色々なことも、私を苦しめました。たとえば、人並みの遊び、ゲームとか漫画とか、ピアノや恋愛、友達との会話やお買いものとか。そういったことをまったくしていなかったわけじゃないのですが、それでも「もっとやりたいのに私は我慢している」という気持ちが、どこかにずっとあったのだと思います。我慢を自覚もしていました。それが、大学生という、一見自由な立場になったことで爆発して、これから大人になるための自分磨きをしなければならない時期に、子供帰りしてしまったのです。

お話を書き始めたのはそうなってからでした。周りはどんどん大人になっていって、それと反比例するように自分はどんどん幼稚になっていきました。自分でも止められませんでした。最初は確か、周りの声をすべて拒絶したことからだったと思います。きっと、多分、同い年の子たちは、高校生のころから少しずつ年相応に成長していたのだと思います。私は、成長ができないまま年だけ取ってみんなと並んでしまったのです。周りが大人であること、同じ歳、あるいは年上なのに、自分はずっと幼稚なこと、そしてそれを両親が気に病んでいること、何も知らない周りの人はわたしを年相応のものとして扱ってくること、その期待にわたしの精神状態がついていけない、こたえたくてもこたえられないことが、よけいに私をパニック状態に陥らせました。

私は、私自身がどういう風な人格として落ち着けばいいのか、何を考え何を言ったらいいのか、まったくわからなかったのです。周りは「大人の」対応を要求してくる、そのことは理解できても、大人の対応というものがどういうものなのか私には思いつきませんでした。

最初はそのほころびにも自分で気づかず、やっと自覚できるようになったころには、修復できないんじゃないかというくらいに、私の自我はめちゃくちゃになっていました。元々勉強的な意味では頭が回る、あるいは、悪知恵にだけは頭が回る、といった方がいいのかもしれません、そういう私でしたので、日常的に周りと表面上付き合えるくらいの演技はどうにかできていたのです。後の方では、私がなんかおかしいことは周りにもわかるほどではあったみたいなのですが、それでも、外に見えてるよりも本当はもっとぐちゃぐちゃでした。それをどうにか人前では普通にしようとするほどよけいにぐちゃぐちゃになっていました。

そういう中で、今サイトにあげているお話達は、書いていたものです。元々お話を考えたり書くのは好きだったのですが、ぐちゃぐちゃになった今、わたし、という個人を保っていられるのは、なにか物語を書くことだけのように当時は思えていました。実際に、お話を書くことで、わたしは自分がどういう風に考えていたのかを知り、自分の中にも、ちゃんと何かしらの考えや世界、信じられるものがちゃんとあるんだということを、少しずつ実感として感じられるようになったのです。

そうして、やっと私は、なんとなくですが自分をつかみかけることができました。そうこうしているうちに、進級できるか否かの瀬戸際になり、とりあえず今は勉強を優先しようと思いました。大学にもほとんど通えなくなり、知能も知識も衰えていた状態で、よく進級できたなと思います。よくそこまで立ち直れたなあと後で怖くなりました。

学年が上がってからは、勉強自体も難しくなったうえ、毎週ほぼ毎日のようにレポート課題が出て、もう創作をしている場合じゃありませんでした。そうしているうちに、「あ、私にもちゃんと人並みに大学生活をすることが、大学の勉強を理解することが、できるんだ」ということもわかりました。それから、多分これは奇跡だったのだと思います。私のことを、支えてくれる人にも巡り会えました。その人の存在がやっぱりすごく大きいと思います。実際に、私は今でも気持ちの浮き沈みがあり、むらがあり、彼や友達や両親を戸惑わせることばかりではあるのですが、それでも、自分自身を顧みると、この半年間は本当に安らいでいたし、自分をなんとか保てていました。

だから、この空白も、その前の物語を書いていた時間も、私自身にとって必要なことでした。けれど、その間にたくさんの、大事な人をめちゃくちゃに傷つけてしまいました。本当に、申し訳ないです。


ですが、少しずつ自分が落ち着いてくるに従い、今度は物語自体が書けなくなりました。
今まで書いていたものは、私がめちゃくちゃで、それこそカッコよく言うならカオスな精神状況下で書いていたもので、だからこそ次から次へと文章が湧き上がっていたのです。

さらに、お付き合いをするようになってから、私は愛情というものもようやく実感しました。今まで自分からは湧き上がってこなかったものがようやく湧いて、そうしてやっと、男女間の愛情も、友人同士の絆も、両親の愛情も実感として理解できるようになったのです。

以前の私はそういったものをまったく理解できない状態でものを書いていました。だから、どうしても、前の文章と、これから書くであろう文章を統一することがすぐにはできませんでした。時間が必要でした。



まとまりなく、長いですが、これが、ブランクの空いてしまった経緯です。
私は、ようやっと、今ならお話を書くことができるように思います。まだまだ勉強も忙しいし、時間はそんなにないし、ブランクもあるから書くのがのろいかもしれないけれど、それでも、やっと今までは書きたくても書けなかったもの、理解できなかったもの、私の書きたかったものがいまなら書ける気がします。

また少しずつ頑張っていこうと思いますので、どうかのんびり待っていただけたら幸いです。






書く必要などないようなことだったかもしれません。でも、これが私の正直な気持ちです。これを書いてようやく、私は前に進める気がします。こんな、大げさな文を書いて、ようやく今、「なにこんなあほらしいこと言ってんのかしらわたし」と笑い飛ばせるような心地です。ここまで読んで下さり、ありがとうございました。




それから、これからは投稿のことなども考えて、そして飽きっぽい私が飽きにくいように、ということも考慮し、これからの創作では名前を改めたいと思います。


眠リ森エンデです。










これからも、どうか、眠リ森のお話を読んでいただけたら幸いです。
感謝をこめて。








関連記事
スポンサーサイト

コメント

失礼します!

コメント失礼します。

とても長かったので、もう帰ってきてくださらないかと思ってました。

お疲れ様でした、そしておかえりなさいです(*^ω^*)
これからの創作、楽しみに待たせていただきますね。

No title

まずはなにより、おかえりなさい*^^*

眠リ森エンデさんの、心地よいペースで
またこちらでもお会いできたら嬉しいです。
ゆるっと、やっていきましょう・v・

今後とも、どうぞよろしくお願いします☆

Re: 失礼します!

> アコ介さん

お久しぶりです。待っていてくださってありがとうございました。
リハビリが結構必要そうなのですが、頑張りますね!
これからもよろしくお願いします。(^^)

Re: No title

>春さん

お久しぶりです。コメントでの優しいお言葉ありがとうございます!
いざ物語を書こうと思ったら、ブランクが空きすぎていてちょっとリハビリが必要なのですが、短編など書いてリハビリ頑張って行こうと思います。またお会いできて嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。
Secret

プロフィール

三編めれ

Author:三編めれ
創作小説を書くのが生きがいの凡人です
リハビリ中

Novels
wreathclock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Banner
死神と少女 応援中! 死神と少女 応援中! Are you Alice? 絶対迷宮グリム ~七つの鍵と楽園の乙女~ KINGDOM HEARTS Birth by Sleep KINGDOM HEARTS Birth by Sleep FINAL MIX
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。