スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レシピ

ブリ大根。

ちょっと手間はかかりますが、旬の大根が生きたおいしいおかずです。

材料は、
鍋一個
ぶりの切り身
大根
お酒(なるべく日本酒)
砂糖
醤油

できたら生姜も。

ぶりの切り身はねえ、血あい(焼くと黒っぽくなるとこ)の割合が多いほうが新鮮なんだって。大根は長いよりも太いほうがみずみずしくておいしいのですdd!

ではまず下ごしらえ。
大根は味が染みにくいので、輪切りなら厚さ1cm、半月切りなら厚さ1.5cmにしておき、鍋で水から煮て柔らかくし、沸騰したら大根だけとりだしておきその後、ブリの生臭みをとるために、その沸騰したお湯の中にブリを入れ、さっと湯通しし、お湯からまた取り出しておく。あまり火にかけすぎると身が固くなるので注意。

鍋にはブリの灰汁があるので、一度洗剤で洗う。

鍋にお酒を目安として底から2~3cmくらい入れ、水を少し加え、火にかけ沸騰させアルコール分を飛ばす。

その後砂糖と醤油を入れ、味見をしながら調整し、甘辛い煮汁にする。最初に醤油を入れすぎないこと。醤油の濃すぎる味に砂糖は勝てないので。青葉は砂糖:醤油の割合は4~5:1が好き。

醤油を入れすぎたら水を加えて薄めるしかないです。

とにかくも、煮汁は甘辛いのが基本ですが、くれぐれも濃くしすぎないように。

煮汁が完成したらブリと大根を入れ、弱火と中火の間で蓋をしてしばらく煮る。時々煮汁を上からかけておく。

大根に色が染みたら、火を止め、2~3分蒸らす。

できあがり。

できあがる直前に、生姜の千切りを入れてさっと火を通し上に散らしたらなおよし、です。


スポンサーサイト

レシピ

ドライカレー。

えっとね、名前わかんないんだけど、とろろとかしょうがとかなんかすりおろせるおっきい調理器具、あれがあればほんきで簡単です。名前なんていうんだっけ。

でもなくてもみじん切りを根気よくやればもちろんできますし、野菜の食感が残っててそれもまた美味かと。

では材料。

人参一本
玉葱一個
豚ひき肉 多め
にんにく
しょうが
カレー粉(SBのがおすすめ。赤い缶のです。)

が基本。

さらにここに、青葉はマッシュルームのみじん切りとコーンのつぶつぶを入れるのが好きです。

ジャガイモももちろん入れていいと思います。意外とサツマイモでもおいしいです。ほかの野菜と同様にすりおろして一緒に火にかけるだけ。

えっとね、ひき肉がほぼルーのかさを増すのでどれくらいルーを作りたいか考えて、それくらいの量のひき肉を用意してください。

豚が一番おいしいとわたしは思います。

カレー粉のかわりにもちろん市販のルーを使っても構いません。

あるいはボンマルシェなどのレトルトカレーを代用しても味はおいしいと思われます。溶かす手間がいりませんし。

まず、にんにくを半かけ(半分)、生姜をにんにくの半分くらいの量、さらに人参、玉葱をすりおろす。

順番的に、わたしはにんにく→生姜→人参→玉葱の順でするのをおすすめします。そのほうが食器の匂いと色素沈着を防ぐ気がする。

人参は固いので頑張ってください。

玉葱は目に染みるので耐えてください。水につけおきしてからするといいかもしれません。あるいは玉葱はもう、できるだけ細かいみじん切りを頑張ってもいいかもしれません。

鍋にこれらを入れ、まぜながらよく熱を通してください。
玉葱からだいぶん水分が出るので、水は加えなくてもいいんじゃないかと思います。どうしても不安ならコップ半分くらいは入れてもいいんじゃないかと。

同時進行でフライパンでひき肉をよく炒めます。塩こしょうはたっぷりしてください。野菜によく火が通ったら、そこに炒めたひき肉を入れ、水が足りないようならへらでさらさらっとまぜられる程度に少なめに水を入れてください。

灰汁がでたらもちろんすててください。

灰汁をとり終えたら、カレー粉を入れ、混ぜて熱をとおします。

味を整えます。

おすすめは、醤油を少し入れることです。

あとは、塩なり、ウスターソースやりんごのすりおろしなり、あるいはケチャップなり、お好みで入れてもいいと思います。

コーヒーも入れるとこくがでるそうです。青葉はあまりコーヒーのまないので持ってなかったりするんですが。

調味料は、自分の舌で味をみながら整えます。ただ、入れるのは少しずつ、入れる度味見をこころがけ、決してカレーの風味をそこなわないように気をつけてください。

味に満足したらできあがりです。

ごはんを炊くのを忘れてないように。

ごはんにドライカレーをかけてできあがり。

意外に、バナナのスライスを添えて食べるとおいしかったりします。

余ったら、オムレツに包むこともできるし、パンに塗ってチーズをのせて焼いてもおいしいし、ごはんとまぜくたにしてチーズをのせてカレードリアにしてもいいと思います。

ちなみにこのSBのカレー粉は、鳥肉と玉葱とあとはピーマンやマッシュルームなど好きな野菜を炒めてごはんとで作った焼き飯に加え混ぜればおいしいカレーピラフになり、重宝します。



プチごはん

ねこまんまの話。

わたしの知ってるねこまんまと言えば、お味噌汁の中にごはんを入れるとかご飯にかつおぶしをかけるとかその辺なんですが。

ご飯とお醤油とかお味噌って、ほんきでうまいんですよねえ…

たとえば卵かけご飯とかね。栄養もあるし、おいしい。

オクラをゆでてほそめに輪切りして、醤油をかけて納豆のように混ぜてご飯にかけてもおいしいですよ。かつおぶしを散らすとなおおいしいかも。

もちろん納豆もおいしい。納豆はね、のりの佃煮なんか混ぜて食べてもおいしいです。
長芋のとろろもまたシンプルでおいしいですね。

見た目は悪いけど、余ったお味噌汁にごはんをいれて、温めながら卵を溶き入れたら、簡単なおじやみたいになって、おいしいしこれは栄養あります。

お味噌スプーン一杯に同じくらいの量の砂糖をかけ、醤油をほんの少し垂らし、じゃことか前日の残りの鯖の塩焼きの身をほぐしたものなどを混ぜて、ご飯にのせて食べるのもなかなかおいしいです。

昔の人はご飯がご馳走とはよく言ったものです。

ごはんにたっぷりのかつおぶしをのせ、醤油をちょっと垂らす。これは意外にすごーくおいしいしホッとします。かつおぶしはリラックス効果ありますね。

ただ醤油のかけすぎに注意。全然かかってないように見えて実はごはんの下の方に醤油が移動しているので。

一歩まちがえると下の方でむちゃくちゃ塩辛い醤油ご飯ができるのでご注意を…

ただしもしそうなってしまったばあいは、そのままそこに生卵入れちゃいましょう。

かつおの風味のある卵かけご飯というのも無条件においしいものです。(‘-^)/



レシピ

皿うどんの作り方。

ただ、ちゃんぽん麺が長崎以外でちゃんと売ってあるのかがわからない…

もしない場合は、生のうどん麺(ただし太麺)を代用できます。

材料は、

ミックス野菜かミックスもやし一袋(とにかくもやしが入っているもの)
キャベツ四分の一
ちゃんぽん麺一玉
片栗粉
だしの素(ほんだしのかつおだしや昆布だしが適当)
味塩こしょう

お好みで蒲鉾、豚のばら肉、干し椎茸など

以下一人前。

まず、フライパンに油をしき、麺を袋から出して表面をしっかり焼く。これが重要。焦げ目がつく程度に。焼けたら一度お皿にうつしておく。

お肉をいれたいならここで豚肉の好きな肉の細切れをフライパンに入れ塩こしょうをして炒める。炒まったらまた別の皿に移しておく。肉は豚以外はあまりおいしくありません。豚肉が一番適当。

キャベツを大きめに1/8分くらいをざくぎりし、よく洗い、フライパンに入れ炒める。途中でミックス野菜(もやし入)をよく洗い、フライパンに加えて炒める。というのは、もやしは火が通りやすいからです。シャキシャキ感を残しておきたいため。塩こしょうで味付け。

ただ、野菜たっぷりが好きな方は、キャベツの分量はもっと多くていいと思います。熱を加えるとキャベツはどうしてもかさが減ってしまうので。

いたまったら先のお肉を加えさっと熱を通す。

蒲鉾を入れたいなら短冊ぎりにしたものをここで入れ、さっと炒める。

このままフライパンに、野菜が浸るくらいに水を入れ、火にかける。

ぐつぐつしてきたら灰汁をしっかりとり、だしの素を目安1スティック分入れる。ほんだし合わせだしなら一本、かつおだしと昆布だしなら半本ずつ。ただ、わりとほんだしはたっぷり入れた方がわたしは好き。よく混ぜたらここで汁を味見して、塩こしょうで味を整えましょう。

片栗粉をおおさじに一杯水でよく溶き、フライパンの水があるところに少しずつ入れながらかき混ぜる。片栗粉はだまになりやすい(ゼリー状のかたまりになる)ので、入れたらすぐに箸でよくフライパンの中の汁と全体的に混ぜ合わせて、さらさらになるようにしましょう。あまりにごちごちしたあんはおいしくありません。

ぐつぐつと火を軽く通したら火を止め、できたあんを先の麺のうえにかければできあがり。

もし干し椎茸を入れるなら、水に戻しておいたものを薄切りにして、野菜を炒めたあとにフライパンに入れ、さっと熱を通しましょう。

干し椎茸をもどした水は少し茶色くなっていて、椎茸のうまみが染み出ています。なのでこの上澄み液を、水のかわりにフライパンに加えて足りない分だけ水を追加し、これで煮てもおいしいです。


ちゃんぽん麺がない場合は、うどんの生めんを、同様に油で表面を焼くだけで大丈夫です。

この場合はあんが少し水っぽい(片栗粉の割合が少なめ)ほうがおいしいかもしれません。ただやはり皿うどんというのは、あんのとろとろ感がおいしいので、片栗粉が極端に少ないのは絶対おいしくありません。多すぎるほうがまだましです。


逆にちゃんぽんは、片栗粉を入れないし麺も油で焼きません。上の要領で野菜を炒めて水を多めにし、汁がぐつぐつしてきたら麺を入れさっと熱を通すだけなのでより簡単です。

ちゃんぽんの場合は味がしっかりついていたほうがいいので豚肉は絶対必要です。

わたしは、豚肉は炒めずゆでて、この湯で汁をスープの水分として再利用しています。こうすると油っこさが減ります。わたしはあっさりしているほうが好きなので。

ちゃんぽんの場合はほたてやえびなども入れるとなお美味しくなります。入れる場合は、スープが煮立った頃に入れて、麺を入れる前にしばらく煮込むといいでしょう。缶詰を使うなら、汁も一緒に入れてしまいましょう。

コーンを入れたり卵を入れてもちゃんぽんはおいしいです。お好みでキクラゲなども。



プチレシピ

焼きおにぎりのつくりかた。

家で食パンに塗ってるバターかマーガリンと、醤油と、ごはんさえあればできることに気付いた。

ただマーガリンも醤油も熱を通しすぎると焦げ臭いだけなので、そこだけ注意…

おにぎりはあらかじめにぎっておく。塩はつけず、そのまま。

まずフライパンを温める。火を止めて、余熱でマーガリンを小匙1、2杯くらい溶かす。
もう一度火をつけ5秒くらいしたらまた火を止める。

そこに醤油を適量いれ、余熱で温めながらマーガリンと混ぜる。

その上にさきのおにぎりをのせ、箸で裏返したりして表面にまんべんなくこの醤油をつける。

それからまた火をつけ、おにぎりの両面に焼き目をつけて、できあがり。

焦がしすぎないように注意。

醤油の風味が足りないと思ったら、フライパンに残っている油分と熱とでもう一度別に醤油を温めておにぎりにかけるといいとおもう…火にかけたらなぜか直接醤油をかけるより塩辛く感じないんです。


ミニレシピ

簡単なのだがなかなかおいしいおてがるサンドイッチ。

材料
キュウリ一本
卵一個
マーガリン
マヨネーズ
食パン偶数枚

まず、キュウリの皮を剥き薄い輪切りにし、ボウルに入れて塩をふりかけまぜこみしばらくしんなりさせておく。

卵をざっと解きほぐし、油をしかずに火にかけたフライパンにざっとながしこみ、さいばしでとにかくグルグル掻き回して炒り卵をつくる。深めのお皿にうつす…①

キュウリの水気をしぼる。もし塩辛すぎるなら水でざっとすすぐべし。しぼったキュウリは①に入れ、マヨネーズをたっぷりかけて混ぜる(マヨネーズが少ないとおいしくない)…②

パンの片面にマーガリンを塗り、②をまんべんなくのせてはさみこみ、かならず一度上から圧をかけるように押しつぶしましょう。

できあがり。

6枚切りのパンでもおいしいです。量はおおくなるけど。

あとはロールパンの中に詰めてもおいしいかもと思ったり。


レシピ

前回に続きまして。

ジャガイモと玉葱の甘辛煮。

材料
ジャガイモ(多ければ多いほど手間がかかるがおいしくなる)

玉葱(割合的にジャガイモの三分の二の個数がわたしは好き)

日本酒
醤油
砂糖
味の素のほんだし(かつおだしか昆布だし)

以上。

1、玉葱の茶色い皮を剥き、頭と尻尾(根)は汚いので切り落とし、よく洗う。たまに内部にも泥があるので切った後にも洗うよかし。

まず二等分にして、あとは結構厚めにざくざくきる。

これをフライパンにいれ、油を注ぎ、表面が透き通るまで炒める。

2、ジャガイモをよく洗い、皮を剥く。

芽の部分は毒なので、まわりごとゴソッと切り落としてください。そこはもったいなく思わなくていいです。

あとはすすいで適度な大きさに切る。なるべく大きいほうがいいと思います。

1の透き通ったところにジャガイモを投入し、ジャガイモの表面が透き通るまで炒める。

3、同時進行でお湯をわかしておく。2で炒め終わったら、フライパンに直接熱湯を注ぎ、捨てる、を繰り返し、余分な油分を落とす。

4、お酒をひたひたになる分の三分の二まで入れる。水を足してひたひたにする。砂糖をかなり多めに入れる。おおさじにゴソッと4、5杯くらい。そして火にかける。砂糖はまんべんなく溶かすこと。

5、沸騰してきたら味見して、あっまっ!というくらいだったらOK。おいしい、くらいだと薄い。ここで砂糖を調整。さらにだしのもとをいれる。ひと袋くらい。砂糖の味に勝たない程度に。

6、醤油をほんのり茶色くなるくらいに入れる。味見をして甘辛くなるように。

7、蓋をかぶせて中火で10分くらい煮る。

8、表面がきつね色のおいしそうな色になったらできあがり。

人間の五感というのは優れていて、見た感じの色合いがおいしそうだと思える時に、味もまたおいしい具合だったりするのです。


ジャガイモは炒める前に水につけて灰汁抜きするとなおよし。

ちなみにお味噌汁としても、ジャガイモと玉葱の組合せは絶品です。その際、灰汁抜きはしっかりするべし。


以上、きまぐれすぎる不定期更新レシピでした。

そういえばある旅人の旅を更新してなかった(汗)

レシピ

結構すぐにできておいしいトマトを使ったスパゲティ。

アンチョビとか白ワインを使うと美味しいらしいがわたしにそんな贅沢はできないので。

材料は
ベーコン(多いほうがおいしい)
ピーマン
トマト

塩こしょう(味塩こしょう)

以上。

以下一人前。
1、ベーコンを1cm~2cm幅に切る。2枚くらい。ピーマンは一個を細切り。あんまり太いとおいしくないです。ベーコンをフライパンに一枚一枚まんべんなく広げ、ピーマンは適当にばらっと入れて少しだけ水を湿らす感じに入れて蓋をかぶせ火にかけ、しばらくジュウジュウいわせる。

表面に焦げ目がついて肉汁がでたら軽く混ぜて炒める。焦がしすぎないよう注意。

2、トマト一個を八等分し、半分を1に加えて、へらで実をつぶしながら炒める。トマトはわたしは皮がついていないほうが好きですが、ついたままでもさしつかえありません。塩こしょうで味を整えます。

3、同時進行でめんは三分の一袋分ゆでておきましょう。

4、2、に残り半分のトマトを加えて熱を通す。この分はつぶしません。

麺をからめてできあがり。


油を使わないので物足りなければ適当に加えてください。
1で軽く蒸した状態にすることで、ベーコンの油が染み出し、これを炒める油に使うことができます。その方がベーコンのうまみを直に感じることができるかなあとおもいました。


ほんとになんの変哲もないけど…(∋_∈)

以上、きまぐれレシピでした。


プロフィール

三編めれ

Author:三編めれ
創作小説を書くのが生きがいの凡人です
リハビリ中

Novels
wreathclock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Banner
死神と少女 応援中! 死神と少女 応援中! Are you Alice? 絶対迷宮グリム ~七つの鍵と楽園の乙女~ KINGDOM HEARTS Birth by Sleep KINGDOM HEARTS Birth by Sleep FINAL MIX
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。